超デリヘル術

デリヘルの広告戦略について その3

デリヘルの広告戦略について その3

デリヘルが広告戦略として「1つの店舗ながら複数の店舗として広告を出す」という形態をとっていることについては前回説明いたしました。

 

ちょっと見分け方についてコツをお教えしましょう。いわゆる「ホニャララ専門店」という形のお店は、基本的には広告戦略のためのお店であると疑ってみて間違いないと思います。

 

もしあなたが、新宿デリヘルの経営者だったとして、私のように、1つのお店を複数の店舗として広告に載せる戦略をとる場合、それぞれのお店にどのくらいお金をかけるでしょうか?

 

少し考えればわかりますね。主力のお店以外にはなかなかお金はかけられませんよね。
 

 

 

だから、主力のお店以外の広告は完成度が下がりますし、そもそも広告の数自体が少なくなります。
ですが、この情報だけでは、その広告が広告の戦略のためにつくられたものかどうかはなかなか区別がつきにくいと思います。

 

そもそもそのお店がお金がなく、広告にかける費用を捻出できないという場合もありますからね。
 

 

 

実は見分けかたはシンプルです。
その地域で広告の数が多く、目立っており、またホームページのデザインに手がかかっており、一目で「お金がかかっていそうだな」とわかるお店が主力の店舗だと考えれば間違いありません。

 

こうして主力のお店さえわかれば、多店舗による広告戦略にはひっかかりにくくなるでしょう。デリヘル攻略の参考にしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ