連休とデリヘルの関係

連休とデリヘルの関係

連休とデリヘルの関係

デリヘルという商売をしていると、お休みというものに非常に敏感になります。これは従業員や嬢の休暇という意味ではありません。あくまで、世間一般の休日、祝日ということです。特に、連休があったりすると、これはデリヘル経営にかなり影響を及ぼします。

 

 

 

連休と言って真っ先に思い浮かぶのは、ゴールデンウィークや年末年始、そしてお盆休みと言ったところでしょうか。最近では、ハッピーマンデーの影響で9月にもシルバーウィークなどというものがありますが…

 

 

 

ともあれ、連休というのは、皆家族サービスなどでどこかにでかけてしまいます。ですから、店の売上にも当然影響が出てきます。普段の休日、土日などは当然のことながら平日よりも売上は多いのですが、しかし、連休ともなるとそうはいきません。どうしても、レジャーなどの影響で普段の休日のような客の入りは見込めない、というのが現実です。

 

 

 

そして、それに追い打ちをかけるように、多くのホテルでは、連休には値上げをしたりします。これでは、ホテル代を別に取っているデリヘルのような業態では、商売上がったりですね。

 

例えばホテル代込だったり、シティホテル割引などをしているデリヘルがありますが、最近では警察の指導を受けるようになってしまったようです。その内容は、ホームページなどで提携ホテルなどと、店とホテルとの協働関係を公にしないように、ということらしいのですが…無店舗であるデリヘルがホテルと提携しているといのがマズイのだそうですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ