デリヘル店員にタイプの女の子をどう伝えるか

デリヘル店員にタイプの女の子をどう伝えるか

デリヘル店員にタイプの女の子をどう伝えるか

デリヘルでは女の子を指名するか、それとも女の子のチョイスを店員にまかせるか、大きく2つの選択肢があります。女の子を指名する場合、判断材料となるのは、一枚(もしくは数枚)の写真です。

 

 

 

ですが、この写真というものが非常に曲者でして、ホームページなどではモザイクがかかっていることが多いですし、ちゃんと顔が写っていたとしても、いわゆる「パネマジ」である可能性は最後まで残ります。ですから、100%信用できる判断材料はない、と言っていいでしょう。その意味で、デリヘルはギャンブル的な要素があると言えます。

 

 

 

お店に電話をかけて、「◯◯ちゃんは可愛いですよ」とか「若いですよ」とか言われることがあるでしょう。また、お客さんのほうから「可愛い子をお願いします」とか「できるだけ若い子をお願いします」と切りだすこともあるでしょう。やはりデリヘルはそんなに安い遊びではありません。失敗できない、という思いも当然分かります。つくし動画
 

 

ただ、聞き方が問題です。「可愛い子」と言えば、従業員は必ず、「ハイ、この子は可愛いですよ」と決まって言うでしょう。間違っても「この子はブスです」などとは言いません。つまりあなたは、答えの決まっている質問、要求をしているに過ぎないのです。

 

私は店側の人間として、「必ずしもお客さまのタイプかどうかはわかりかねますが…」と言い添えるようにしています。ただ、こんなに丁寧に応えてくれる店はほとんどない、と思っておいてください。

 

店に女の子のリクエストをする際には、自分の好みを詳細に伝えましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ